トレンドオーシャン 〜Trend ocean〜

このサイトは、日頃のニュースや、1時的な流行(トレンド)について、知りたい情報をトピックしているサイトです。リアルタイムな情報や過去の大ニュース等、振り返る等しても参考になります。

Month: 2019年11月

この熟眠法で「頭の冴え」が違ってくる

快適に目覚め、朝時間を有効活用するためには、睡眠の質を高めることが必要である。睡眠は、ゴキブリなどの下等生物には認められない。脳を大きく発達させた高等生物だけにみられるものだ。 勉強や仕事が忙しい時は、つい眠るのが惜しい […]

体内時計を常に「ジャスト」にセットせよ

1996年から97年にかけての年末に海外へでかけた人は、およそ66万人だったという。前年の60万人より一割も多い、非常にたくさんの方々が外国で新しい年を迎えたわけである。 年末年始にかぎらず、ゴールデンウイークや夏休みな […]

指を使うーーー経験則が証明する定番のやり方

手先を使う人はボケないといわれる。 ピアニスト、ギタリスト。パソコンを打つオペレーターや作家。こまかい指の作業が必要な職人。たしかに思い当たる。 クルミをふたつの掌の中でもむように動かす健康法を行う人をときに見かけるが、 […]

「耳を使う」—-頭のいい人は聞くことがうまい

いつごろから、日本人は黙って本を読む黙読を習慣にしてしまったのだろう。古い邦画などを観ると、みな声に出して読んでいる。どうも昔は音読が当たり前だったようだ。 じっさい、脳の総合力を高めるには、黙読よりも音読のほうがはるか […]

「脚を使う」こう歩くだけで脳はもっと賢くなる

ジョギングが下火になってからは、ウオーキングに励む人を多くみかける。腕を直角に曲げて大きく振り、分速100~150メートルもの速さでさっささっと歩く。散歩とか通常の歩行と違う一種のフィットネス・プログラムだから、10分ウ […]

生体時計が教える「食のリズム」の重要性

私たちは朝起きて、昼活動し、夜寝るというリズムの中で生きている。もっとも、夜ふかしはするし、ときに昼と夜が逆転する、けっこうでたらめな生活リズムではあるが。 しかし、それでもリズムが狂うと体に変調をきたすし、脳の働きが鈍 […]

「どう食べるか」で脳力はまるで違ってくる

  ゆったりと食事をすることは、それだけで脳の働きを活性化する。 食欲を満たせば、気持ちにゆとりができる。箸を持つ手や、粗食する顎の運動が脳に刺激を与える。食卓を囲むと心が開放的になり、話もはずんで、やはり脳が […]

「朝食抜き」は学習能力を低下させる

肉体の活動には、当然エネルギーがいる。脳も同様である。 ただし、脳には二つの特殊事情があることを知っていただきたい 脳はブドウ糖だけをエネルギー源とする特殊な器官であること。もう一つは、ものすごい量のエネルギーを必要とす […]

頭をよくする「最強の物質」は、ここにあった

(酸化食) (還元食) かつて「頭がよくなる食べ物」として、グルタミン酸や核酸がもてはやされた時期があった。しかし、どうやら真実味が薄いことがわかってきて、その反動か、今では「頭のよくなる食べものなどありえない」という学 […]

適度なストレスは逆に集中力を高める

「自分を褒めてあげたい」これは、1996年夏のアトランタオリンピックで大活躍したマラソンランナー有森裕子選手の言葉である。92年のバルセロナでは銀メダルを手に入れたものの、その後、体の故障や精神的なスランプ手術など、いく […]